: +852 2956 3333    : cwcc@cwcccpa.com
English | 简体中文 | 繁體中文 | 日本語
ニュース.

外国投資企業の苦情処理に関する新措置が中国商務部より発表された

外国投資企業の苦情に迅速かつ効果的に対処し、外国投資者の正当な権利と利益を保護し、外国投資の環境を最適化し続けるために、中国商務部は「外国投資企業の苦情措置」(以下「措置」とする)を発表し、2020年10月1日から施行された。

「措置」によると、外国投資企業または外国人投資者からの苦情は大きく2種類に分けられます。 その1つは、行政機関とその従業員の行政措置が外国投資企業または外国投資家の法的権利を侵害している場合で、その調整と解決のために苦情相談機関に苦情申請を提出することができるということです。もう一つは、関連する政策や措置を強化し、改善するために既存の問題を投資環境に反映することができるということです。

苦情相談機関は、受付日から60営業日以内に解決するものとします。苦情が複雑でいくつもの部門が関与しなければいけない場合は、処理期間を適切な長さに延長することができます。苦情を処理する場合、苦情相談機関は、苦情申立人の企業秘密、企業秘密情報および個人のプライバシーを保護するものとします。関連機関または個人は、申立人を抑圧または報復することは禁じられています。

この「措置」は明らかに外国投資を呼び寄せるために中国本土の投資環境を強化することを意図したものです。

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。


Back to Top